本日から動きが出てきそうだ

本日の午後にイエレンの任期終了で新たなFRB議長が選任されます。

 

<ラジオ日経 マーケットプレイス 後場 11月1日放送>の中で
南アフリカランドのムーディーズ国債格付けは11月24日に行われる。

BRICS4国の内 ブラジル国債は既にメイン格付け会社3つ全てから(S&P ムーディーズ フィッチ)からジャンク級評価となっておりロシアはフィッチ以外ジャンク級になっている。中国国債は日本国債と同等。インド国債は南アフリカ国債と同等で2つの会社からジャンク級判定になっている。インドはそれでも今 世界最高の経済成長率なんですけどね。

南アフリカ国債は既にS&P フィッチからはジャンク級判定となっている。400億ランドの経常赤字に国営航空会社の赤字40億ランド追加 国営電力会社エスコムも赤字 更にここにきて郵便局の赤字が加わわってきた。のでムーディーズの追加格下げ影響がどの程度か・・・8円から1円の下落 7円丁度までの下落は十分あり得る

<ラジオ日経 トレードパーティー 11月1日 放送>

 

昨日の主な世界株式市況

各国株式市況

当日終値

終値変化

日経平均価格

22420.08

+1.86%

上海総合指数

3396.07

+0.08%

ドイツDAX指数

13465.51

+1.78%

FTSE100指数

7487.96

▼0.07%

NYダウ価格

23435.01

+0.25%

NADDAQ指数

6716.53

▼0.17%

S&P500指数

2575.26

+0.09%

米国債10年金利

2.374%

▼0.002%

原油価格

54.27

▼0.20%

金価格

1275.50

+0.39%

20171101_3

 

 

 

ドル円は下に鉄板がしっかり形成されており113.08~113.00と111.74~111.64に鉄板があります。ユーロ円 豪ドル円で下方向で鋼鉄板 NZD円は上方向だけに鉄板ができています。ここ数日反発上昇しましたがここからは重そうですね。

20171101_2

 

 

昨日 FOMCを通過して利上げが実施されなかったことで米ドルが弱まるというか対米ドルで他通貨が買い戻されています。

ですのでクロス円よりもドルストレートでの豪ドルAUD/USDなどが方向がはっきりして買い方向になってます。AUD/USDは昨日から下落トレンドに入った判定になっていますがストキャスティクスで売られすぎ反転買いのサインも出ていますので本日ポンドの利上げが見送られれば豪ドルは大きく戻すと思われます もしイギリスが利上げしたとしても下落したところで買い戻されると思われます。

AUD/USDの現状位置は昨日終値の時点で-1σ 0.7702~ -2σ 0.7627の中にありますが本日既に21日移動平均0.7777に向けて動いています。米国雇用統計が良くても悪くても米ドルは週末にかけて弱まることが想定されますから狙えると思います。

ドル円は現状+2σ114.37円~+1σ113.69円の中にいます。徐々に全ての数値が上がっていますので決してドル円は弱含んでいませんが昨日発表されたADPはちょっと弱いので明日の雇用統計はサプライズの悪さが出る可能性が高いですね。

ということで本日はドル円は114.37円周辺でのドル円売り AUD/USDを0.7692を底に見ての買いをお勧めします。

20171101_1