ティラーソン更迭

ティラーソン更迭20180314トランプ米大統領、ティラーソン国務長官を更迭 後任にCIA長官(ロイター)

トランプって名君なのか?暴君なのか?オレは成長過程の名君だと思うわ。白黒はっきりさせるタイプのようですな。ティラーソンのような平和・経済最優先よりもトランプのような利己主義 平等主義のほうが日本にとっては必ずプラスになる。ここでトランプの性格がはっきり反映されるのは 北朝鮮の核問題 中国の南シナ進出に妥協は無いということだね。マスコミやコメンテーターはトランプが商売人出身だけに取引を多用して自分の損になるような方策はしない と言ってるけど どうも違う。マカロニ・ウェスタンに出てくる保安官のような感じだね。自意識過剰だけど正義感はめっぽう強い この人4度も破産しているんですよ。多少のリスクは平気で取りますよ。彼の発言は脅しではない アメリカ国民の要求です。

 

<ラジオ日経 キラメキの発想  3月14日放送>

 

昨日の主な世界株式市況

各国株式市況

当日終値

終値変化

日経平均価格

21968.10

+0.66%

上海総合指数

3311.27

▼0.46%

ドイツDAX指数

12221.03

▼1.59%

FTSE100指数

7138.78

▼1.05%

NYダウ価格

25007.03

▼0.68%

NADDAQ指数

7511.01

▼1.02%

S&P500指数

2765.31

▼0.64%

米国債10年金利

2.844%

▼0.026%

原油価格

$60.87

+0.26%

金価格

1327.00

▼0.01%

 

20180313_3

クロス円 ドルストレート共に昨日縮小していたピボットが拡大に転じました。これをどう解釈してよいものか・・・

AUD/USDは下の層が益々収縮しているので21日移動平均の0.7838あたりから0.7771まで相当厚いサポートになってますから 本日 買いならここからですね。

EUR/GBPでも下の層がかなり硬くなっており鋼鉄板2枚で支えられています。しかし上も固いです。動きが取れないです。

20180313_2

肝心のドル円は106.27-106.09までが下の支持帯で上は107.16-107.22までが動く目安になってます。

EUR/USDの動きは全く解りません。

本日も難解ですが・・・米国時間が軟調になるのは間違えなさそうです。そうなるとユーロドル買いがもっとも良いのか とも思いますが どこで拾うのが妥当かさっぱり解らない。また下げていくかも解らないですな。

20180313_1