時間切れで手仕舞い

あ~ 10-12月は恐ろしい程の動きでした ここまでコツコツ貯めてきた利益を一気に吐き出した人は多いでしょう 私もです。一昨日のFOMCからの動きは最初から大きな売りを狙ってましたね。見事にひっかかりましたよ。

俺的FX投資 JIN氏 ここに散った可能性高し1

俺的FX投資 JIN氏 ここに散った可能性高し2

なぜ急激に流れが変わったかですが 全ては債券と株の関係です。誰しも低リスク高金利で資産を運用したいですよね。で世界で一番信用がある有価証券は世界最強のスーパーパワーを持つ米国が発行する米国債ですが 米国は10年前のリーマンショック以降 最近まで金融緩和で利息0%政策金利で家や車を買うときのローン金利を極限まで下げて国民の消費を促し ここまで経済を大きく回復させてきました。しかし 国債の金利が3%を超え始めた頃から株から債券に乗り換えた資産家が大量に出始めました。株は配当というものがあってだいたい2.5~3%ぐらいです。しかも その配当はその配当分の価格が下がります(例 株価 100株1000円で 年間配当30円 としたら利率は3%ですが 配当を支給すると配当落ちが発生して 株価は970円になります)から純粋に利息と言えるものではありません。だったら値動きが激しく利息と呼べない配当よりも3%確実に利息になる国債に資金を移すのは当然ですね。株は経済が上り初めて2年間はどの銘柄でも放っておくだけで勝手に上昇していくので誰でも稼げるもので  それ以降が難しいものらしいですな。ですから また好景気の始まりがくる10年後ぐらいまでは苦しみながら稼ぐしかなさそうです。

<ラジオ日経 ザ・マネー 12月21日放送>

 

<Stock Voice FXフォーカス 12月21日放送>

 

12月20日データ

20181220_3

 

 

う~ん クロス円はNZD円以外は 全て安値の下にピボットサポート1,2,3しかないですね。ってことは売りは尽きたか もう一回売りがきても強い反発買いが出る可能性が高いです。

対米ドルではどの通貨も底固い状態ですから基本 米ドル売りが収まればクロス円は上昇するはずです。

20181220_2

 

 

クロス円は昨日 ポンド円以外は-2σを下回っています。対米ドルではユーロドルが既に+2σを超えてしまっていますからユーロ円の上昇は限界がありますから ドル円が下方向を試行する動きですから 寧ろ上がったところで売り仕掛けしたほうが利益になりやすいでしょう。逆に買いならばポンド円が良いです。

ポンド円はダウントレンド3日目なのですが対米ドルで一番上昇が見込めますので-1σの142.22円を目指して140円58-20=140.38円を下回らなければ 動きがなければ買いで入ってみるのが良いかと・・・このポンドは動きが激しいから小さいポディションで40pips以上離なして複数取ったほうが良いですね。相場格言 「閑散に売り無し」ですから

本日 一番良い組み合わせは EUR/GBPの売りですね。

20181220_1