トルコリラ そろそろ上げてもいいだろう

一昨日 行われたイスタンブールやり直し市長選挙ですが・・・

トルコ市長選で与党再び敗退 露製兵器購入ならさらに政権基盤弱体化も(産経新聞)

昨日のラジオ日経マーケットプレイス後場の中でも語られていましたが・・・トルコのエルドアンは求心力を失いつつあります そして米ドルの利下げ観測に伴い いよいよ新興国通貨は値を戻してくると思われます・・・これまで見捨てられたトルコリラ円にも買いが入ってきてもオカシクないのですが

自分は18円50銭台で10Lot=1万通貨だけ持ちました 17円台に下落したら更に10Lot追加し 最大16円後半までは買い増しで対応しようと予定しています。決済は19円後半に到達するまでは放置ですね。

既に高金利通貨は 米ドル 以上のパウォーマンスは南アフリカランド だけですが米ドルが利下げすればトルコリラ メキシコペソが視野に入りますね。

<ラジオ日経 キラメキの発想 6月26日放送>

 

6月24日データ
20190624_3

 

20190624_2

 

20190624_1

6月25日データ
20190625_3

 

 

ドル円は下方向 106.96~106.78にかけて鉄板があって なかなか硬く支えています。上方向は107.75~107.64にかけて第一段の鉄板 107.64が-1σ 108.32が21日移動平均 108.73~108.99にかけて+1σ 108.99を含む超鋼鉄板。

ユーロドルは下方向1.1349~1.1334に+1σ 1.1334を含む鋼鉄板 1.1277~1.1256にかけて21日移動平均 一目均衡表の基準値を含む超鋼鉄板 更に雲が覆っているので1.1277から下は凄く 凄く硬いです。

ドルストレートの各ペア通貨は下方向が硬く 本日から週末のG20に向けてドル円が底硬く動く(106円台に入らない)と仮定して クロス円の買い もしくは下落したところでのドル円買いが良さそうです。ドル円は-1σの107.64にタッチすると思います。ドル円はRSIで20台ですから もう売りもいったん終息しそうです。米ドルはリスクオンでも買われますが 政変など世界的な大きなリスクオフでも買われます。

トルコリラ円も中長期 年末まで寝かしておくこと目的で買いを仕込むタイミングとしてはかなり絶好の時期です。1万通貨で1日80円スワップがつきますから 1ヶ月でだいたい2000円×6ヶ月=12000円ですか たして ならないか・・・なら5万通貨ぐらい埋めておいても良いかと思います なんせ1リラ=18円ですから 5万通貨でもドル円1万通貨分の証拠金未満です。そしてスワップが80×5=400円ですから 18円60銭未満でのポディションなら損はないかと思います。

20190625_2

 

 

 

 

 

20190625_1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA