全体的にドル円よりクロス円は大きく上に動くだろう

今回のG20は大きな分岐点になるでしょうね・・・中国が民主化していき共産党が消滅していくまでの大きな流れの始まりだと思います。あの香港の200万人のデモも 警察官が全く催涙弾。ゴム弾を発砲せず むしろ 笑顔で市民に対応しているようです。

<新唐人TV 6月30日掲載>

明らかに 中国共産党は民主化 受け入れに大きく舵を切ったと思われます。この先 自分達は無用な存在になるとはっきり悟ったのだと思います。

<チャンネル くらら 6月28日放送>

その一方で 中東では新たな火種が燻ってます・・・制空戦闘の切り札のF22ラプターがイランに派遣されました。

米軍、カタールへF22機を初の配備 イランに対応(CNN 6月30日)

さらに トルコに対して・・・リビアの反政府勢力が宣戦布告しました。

さらに日本に対しては アメリカから安保条約への不満がトランプから発言されて 日本も防衛政策見直しの大きなきっかけになるでしょう。

20190630保有株式

先週は6月決算 もしくは12月決算企業の中間配当目当てで 株式を幾つか増やしました。

アクシーズは6月本決算で 鶏肉の大手でKFC=ケンタッキーを初め日本の主要な鶏肉生産を手がける企業です。KFCが単に好きなので買いました。五洋建設は物凄く需要が活発で 先週の日経ラジオの中で 未着工で受注している金額が昨年の売り上げを上回っているほと海底土木など活況な状態であると和島さんが語っていましたので買いました。住友ゴムは12月本決算で6月の中間配当目当てで買いました。津田駒工業は先週 四半期決算で想定ほど良くないことから下落したところを拾いました・・・繊維機械の株式が欲しかったところだったので渡りに船でした。中国市場が活況になればアジア全体で大きく回復していくと期待しています。オプトランは金曜日に一旦 利益確定して1万円程利益が出たあと すぐに下落したのでG20後のサプライズ上昇を期待して再度 購入しました。細谷火工は水曜日にトランプが日米安保見直し発言で瞬間 急騰して+20000円ほどになっていたのですが指値設定していなかったので売り抜け失敗してしまいました。

今週 G20でのファーウェイへの制裁が一部解除されたことで この個別株が 伸びていくことを期待しています。オプトランは更に買い増ししていくかもしれないです。住友金属鉱山も金曜日 ほぼ同値で利益なしで売却してしまいましたが 今週 爆騰するのではないでしょうか・・・持ってりゃ良かった。今後は中国関連と防衛関連が注目されていくでしょう。

今週の 三菱UFJ銀行の週間 為替予測は月末の為 掲載がありませんでした。

今週は また米国ISM製造業景況感指数から米国雇用統計まで重要指標が出てきます。

6月27日データ
20190627_3

 

20190627_2

 

20190627_1

 

 

 

 

 

 

6月28日データ
20190628_3

 

 

ロシアとサウジがG20で原油価格維持のため減産で合意していますからドル円の上昇はそれほど見込めないですが クロス円は大きく買われると思います。特に 豪ドル円 ユーロ円 カナダ円などは有望ですね。これまで軟調だった人民元も強く買われますので相対で日本円は売られるでしょう 流れが大きく変わります。

クロス円の今ある位置はドル円とポンド円が21日移動平均を下回って-1σより上にある状態で それ以外は+2σ~+1σの中にあります。今週は常にクロス円の買いポディション狙いで

ドル円 が+2σ(109.00) +1σ(108.54) T21(107.61) ですから最低でも108.54円までは利益確定せずに買いで勝負して良さそうです。

ユーロ円は +2σ(123.10) +1σ(122.50) T21(122.01)です 今週末まで一目均衡表の雲の下 123円49円までの上昇が見込まれます。

豪ドル円は+2σ(76.10) +1σ(75.59) T21(75.07)です 今週末まで一目均衡表の雲の下 76.79円までの上昇が見込まれます。

NZD円は既にRSIが70Overしており買われ過ぎ状態にありますので ここから買っても あまり利幅が取れないですね。

20190628_2

 

 

 

20190628_1