先週の四半期設備投資法人企業統計

先週 月曜日に発表された日本の法人企業設備投資ですが

売上高では
20191210四半期設備投資1悪化拡大・継続している分野は石油・石炭産業 鉄鋼 金属製品 情報通信機械 建設業 卸売・小売業 となっており
情報通信機械と石炭・石油産業が目立って悪いです。小売業は増税前の駆け込み需要が貢献して この結果ですから消費が相当弱い状態です。

経常利益では
20191210四半期設備投資2石油・石炭 輸送用機械の経常利益は年間を通して非常に良くないです 鉄鋼と金属は今年に入ってから急激に悪くなってます。一方で建設業は年間を通して堅調です。卸売業・小売業 不動産業は良くなり始めています。物品賃貸業=レンタル業は唯一の活況です。

設備投資では
20191210四半期設備投資3
今年4~6月期間は製造業は総じて減衰しており情報通信機械では目立ちます。7~9月期間は業務用機械での投資が目立って高くなってます。自動化・AI化の流れが出ていますね。

4~6月期間は非製造業 7~9月期間は製造業での投資が出てきた ことが見られます。

20191210四半期設備投資4

<ラジオ日経 先取りマーケットレビュー 12月11日放送>

この ゲストの今中さん 凄く先読みが的確です。Sony系列の株はまだまだ買いなのでしょう。

本日 深夜のFOMCと明日のECB その後の米中貿易交渉で大きな動きが出そうです。

12月9日データ
20191209_320191209_220191209_1

12月10日データ
20191210_3ドル円は下方向108.57~42にかけて-1σの108.52を挟んで鋼鉄板があり さらにその下108.22~106.96にかけて一目均衡表の雲が支えていますので108.52~108.19周辺まではすごく硬いです。上方向は108.77~109.16まで これも凄く硬い超鋼鉄板が覆っています・・・この状態だと普通は一旦 108.22を目指します。もしFOMC前 上方向 TP21の108.84より上方向の円安方向に動くならばクロス円の売りかドル円の売りを持つのが良いはずなのですが・・・ホントに不思議なほど下が固い。

FOMCかECBで緩和政策が出されることを想定しているなら通貨安に向かうはずだけど それで株高が続くとしてリスクオンなのだろうか・・・日本企業の多くが海外に展開しているので円が かつてほど高くならないのか。全く 判らない。

クロス円は総じて下方向の一目均衡表の雲に近づいており各クロス円の雲の位置は
ドル円  108.22~106.86円
ユーロ円 120.07~118.67円
ポンド円 137.88~134.08円
豪ドル円    74.12~72.68円 終値 安値が 既に雲に突入
NZD円    68.98~68.17円

既に雲に突入している豪ドル円がもっとも下落しやすいはずです。今週 ドル円は108.22まで一旦下げると思いますが対ドルで各通貨のドルストレートで買われればクロス円は下げにくいかもしれないですがECBが翌日にありますからユーロ円も弱く120.07までは最低でも下落すると見ています。

20191210_2

 

20191210_1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA