管理者 のすべての投稿

ドル円は再び上昇していくかも

20190111現物信用保有株式先週の現物・信用株取引は1ヶ月保持してきた 信用取引のLixilビバ100株を-11800円で損切り 阪急・阪神HD100株を-5200円で損切り だけです。よって個別株取引収支は-17000円でした。9日ニューテックの四半期決算があるので急激に戻して大引け突如3000円のプラスに浮上したのですが気づかず 10日を向かえ一転 業績の悪さで一気に失望売りとなり一日で-20%超の200円以上の下落で売り逃げ失敗しています。なんだよ この会社 全く売り上げが伸びていない・・・ファーウェイが日本市場から駆逐される絶好の機会に自社製ルーターが売れないようなら絶望的だよ。日経225先物 は+19,400円  FX取引は+11,300円 よって先週の総収支は たった +13,700円です。

 

<ラジオ日経 ザ・マネー 1月11日放送>

 

<Stock Voice FXフォーカス 1月11日放送>

 

<三菱UFJ銀行 週間相場見通し 1月11日掲載>

●ドル円:上に狭く 下に広い
予想レンジ 106.50 ~ 109.50円
●ユーロ:英EU離脱協定案が否決でも踏みとどまる
予想レンジ 対ドル 1.1350 ~ 1.1650
予想レンジ 対円 122.50 ~ 126.50円
●人民元:摩擦緩和期待とドル安が下支え要因
予想レンジ 対ドル 6.7100 ~ 6.7900
予想レンジ 対円 15.69 ~ 16.31円

リスク・オフが巻き戻されドル円は底堅いと予想

来週は米国で金融機関を中心とする企業の決算発表が本格化する。 年初に発表された大手IT企業アップルの決算を材料に株価が下落す る場面もあったが、結局は 12 月 24 日を大底とする株高基調が持続 している。実際の決算内容を見極める必要はあるが、市場が企業業 績の下振れに対して相応の耐性を備えたことで、株価が大崩れする 可能性は低下したと考えられる。年末商戦の好調を伝える小売売上 高や米中通商協議の進展が米景気の先行きに対する懸念を和らげれ ば、リスク・オフの巻き戻しでドル円は底堅さを示すと予想する。    ~中略~

ドル円は基本的に底堅さを見せつつも、ドル安 地合いが不変であるため上値は重く、110 円台回復のハードルは高 いと予想される。一方、英国のEU離脱交渉や米中の通商協議など政 治に絡むテーマは結末の予測が難しいことから、市場の雰囲気を一 変させる力を持つ。年初に観察された 104 円台は商いが薄い中で偶 然が重なった安値とはいえ、ドル安地合いとリスク回避の円買いが 合わさった際に生じる衝撃の大きさを物語る動きである。来週、ド ル円の下値が広がる可能性は相応にあるとし、予想レンジでは 107 円割れの水準も提示する。

英国: 議会採決のシナリオと今後のスケジュールの整理

大詰めを迎える英国議会の離脱協定案審議

三菱UFJ銀行資料20190111英国議会は 9 日、政府のEU離脱協定案についての採決に先立つ審 議を再開した。採決に先立ち、議会は 5 日間の審議を行うことと定 められており、メイ首相は 9 日~15 日の 5 日間の審議を経た上で 15 日に採決を実施する方針だ(第 1 表)。英国のEU離脱期限(3 月 29 日)が迫る中、本稿では、依然先行き不透明感の高いEU離脱問題の 現状と今後の注目ポイントを整理する。

採決の行方は依然予断 を許さない

三菱UFJ銀行資料20190111_2当方は引き続き無秩序なEU離脱は回避される展開をメインシナ リオとしている1。しかし、メインシナリオとサブシナリオ・リスク シナリオの蓋然性は拮抗しており、依然予断を許さない。加えて、 年初からの英国議会の動向を踏まえると、2 回目の国民投票実施の 可能性も高まってきた(詳細後述)。このため、リスクシナリオ②と して、国民投票の実施とその結果、EU残留を決定するシナリオを追 加した(第 2 表)。

無秩序な離脱回避を望む声は相応にある
英国議会は 8 日、政府は議会の承認なしに無秩序なEU離脱を決定 できないとする動議を可決した(賛成 303 名、反対 296 名)。加え て、下院議員 650 名の 3 分の 1 近くにあたる 209 名が、合意なしの 無秩序な離脱回避をメイ首相に要請する書簡に署名したと報じられ ている。このように、無秩序な離脱回避を望む声は相応にある。一方、9 日の議会審議では、15 日の採決で政府の離脱協定案が否 決された場合、政府は 3 日以内に代替案を提示する必要があるとの 動議が可決されるなど2、審議の行方を巡る混迷は深まる一方だ。

当面ポンドに下押し圧力がかかりやすい時間帯が続く

三菱UFJ銀行資料20190111_3

リスクシナリオの蓋然性も高く、ポンドの下振れ、軟化も見込ま ざるを得ないことを理由に、1 月月報では予想レンジの数字を全体 的に引き下げ、値幅を広げた。事態の進展を見つつ、適宜見直して いく方針は不変であり、ポンドの対ドル相場は見通しを維持してい る。しかし、当方では年初の値動きを踏まえてドル円予想を引き下 げた。これに伴い、8 日にポンドについても対円の予想レンジを修 正している(第 3 表)。

今週の経済指標で動意のきっかけになりそうなものは

16日(水)22:30 米国の小売売上高
16日(水)24:00 トラギECB総裁講演
17日(木)22:30 米国の住宅着工件数 建設許可件数

ぐらいです。

20190111_3

 

 

対米ドルでのドルストレート ペア通貨での下方向の支持層の堅さが目立ちます。ピボットの収縮ではドル円 豪ドル円 USD/CHFで目立ちます がまだ厳しい収縮とまでは言えないですね。

20190111_2

 

 

現状 クロス円は全て-1σ以上21日移動平均未満に存在しています。金曜日に豪ドル円が最高値で ほぼ21日移動平均に近づきました クロス円主導の買いは完全に一服したと見るべきです。とはいってもRSIが未だに50未満であり 買いを続けようと仕掛ければ売りで捕まっている投資家の損切りを誘えるので 結構オイシイはずです。

ドルストレートはGBP/USDが+2σをオーバーして終えており ストキャスティクスではEUR/USD AUD/USDで売り転換サインが出ています。

今週は凄く難しいです・・・月曜日・火曜日 AUD/USDの高値は木曜日から金曜日に更新していますが金曜日の高値0.7235周辺で売り仕掛けをしてみる手はありそうです。

ドル円の如何によらず クロス円は-1σまで下落したら とりあえず1度は買い支えられるでしょうから各クロス円の-1σで試し買いをストップをつけてトライするのもありです。以下 -1σ

ドル円 108.49円 ユーロ円 124.18円 ポンド円 138.06円 豪ドル円 76.71円 NZD円 72.88円

20190111_1

来週のブレグジット不安

ラジオ日経 北野誠のトコトン投資やりまっせの中で来週 ノーディールブレグジットになってしまった場合にBOE(英国中央銀行)は20%のポンド下落が見込まれる と過剰なぐらいの見込みを声明しています。この影響からかユーロが凄く強い状態になってます。議会採決は1月15日 14日までポンドが強くなることは無さそうです。

2019年度の相場予測を ニトリ会長は既に昨年末に日経新聞で語っていたのですね。その内容ですが無料でWeb上にある情報の範囲では 日経Web12月27日

27日に開いた決算会見で似鳥会長は19年の円相場は年平均で「1ドル=100~110円。今より円高になるだろう」と指摘。19年末の日経平均については「2万円前後」と予想した。

似鳥会長が米国景気の動向を先取りするとの理由から注視するのが米住宅関連の指標で「ここ数カ月は鈍化している」と述べた。足元の原油安については「世界経済が不況になるサインだ」と指摘した。

本格的な景気後退は20年以降で21~22年が底とみる。「前回(64年)の東京五輪は終わる前から不況になった。過去にあったことは必ず起こるのが経験則だ」と指摘。「不動産価格も下がるとみており、不況時こそ思い切った投資をしたい」とも述べた。

 

1月9日
20190109_3

 

20190109_2

 

20190109_1

 

 

 

1月10日
20190110_3

 

 

ドル円は上方向 -1σ(108.66)を含む 108.70~52にかけて壁ができています。それほど硬くはないですが下方向は-2σの106.74円までスカスカです。いつまでも-1σを上抜けられなければ誰しも売ってくるでしょう。ドル円の売りは終値で109円台を維持できない限り 売りポディションをできるだけ高い位置で持っておくのが得策でしょう。

20190110_2

 

 

総じて米ドル安です 対米ドルでのドルストレートペア通貨が凄く強い状態です。下げても下げても戻してきます。ですのでクロス円はポンド円以外 上がらないけど下がらない現象になってます。

現在 ドル円で弱い下落トレンド EUR/USD GBP/USD AUD/USDで弱い上昇トレンドにあります。またUSD/MXNで強い下落トレンドですがRSIが既に15.76と急激な変化ですがストキャスティクスで未だに反転買いサインが出ません。また新たにUSD/ZARでも弱い下落トレンドになってます。

どんだけ米ドル弱くなってんだか・・・欧州経済は良くないにもかかわらずユーロが買われていますが もうこれでユーロのテーパリングが幻になれば日本円しか買うものが無いので 更に円高加速になるでしょう。

RSIが対米ドルで AUD/USDだけが64.13と若干高く 他は50台ですので米ドルはまだ 売られますね。

本日も ドル円 売りが一番良いですね 次にドル円が急落したところでのNZD円買いが良いと思います。ドル円が下げ止まったことが確認できない限りクロス円は買いで入れないかもしれないです。

20190110_1