管理者 のすべての投稿

逆走の日経先物は

中国 上海総合指数 6ヶ月間日足
上海総合指数チャート20180918_6m下げ止まった感がありますが ここからどの程度 買いが入ってくるかは かなり怪しく 寧ろここからもう一段下げるのが値動きの慣例

 

香港ハンセン指数 6ヶ月間日足
香港ハンセン指数20180918_6m香港は回復しようとする買いの動きが随所に見られますから こちらは上海よりも 下落しながらでも買い意欲が強いです。

 

NASDAQ 6ヶ月間日足
NASDAQ20180917チャート6mちょっとキビシクなってきましたねぇ~ もう少し調整しないと買いは入ってこれないでしょう。

 

 

NYダウ工業30種 6ヶ月間日足
NYダウ20180917チャート6mダウも ここから上げる材料が無い

 

 

 

 

昨日の三菱UFJ銀行資料 の続きです。

米国経済は好調。仮に、 それが崩れるとすれば、 何が引き金になりえる か?

三菱UFJ銀行資料20180914_6

リーマンショックから 10 年になるが、目下、米国経済はインフレ なき持続的成長を謳歌している。特に、米国についてみれば、イン フレ率は目標の 2%近辺で安定させられると見込まれていて、雇用面 では完全雇用といえる状態である(第 1、2 図)。Fedは、物価安定 と実現可能な雇用の最大化という任務を果たしている申し分ない状 態といえる。その中、この状態から逸脱させるリスクがあるとすれ ば、何が引き金となるかの点検をしておきたい。

通商問題の諸対立で、貿 易が萎縮すれば、世界経 済が落ち込む

① 貿易萎縮による経済への逆風
米国の中国に対する制裁関税とそれへの中国からの報復、NAFTA の再交渉はじめトランプ政権は、通商問題を最大の政策課題として いる。米国で引き上げられた関税がそのまま転嫁されれば、消費者 の購買力が奪われ、景気を冷やす増税になる。また、企業が負担す れば業績が悪化し、株価の調整を通じて世界経済を冷やすことにも なりかねない。米国向けの輸出が鈍れば輸出国の景気を冷やし、そ の影響はサプライチェーンを通じて世界経済全体を冷やすことにも なりかねない。通商問題に関して、各国政権の動きを監視しておく ことが必要である。

インフレについて楽観 が蔓延しているだけに、 インフレ率の昂進があ れば、一大事

② 予期せぬインフレの昂進

三菱UFJ銀行資料20180914_79 月 7 日に発表された雇用統計で、賃金(平均時給)の上昇率が 前年同月比 2.9%に高まった。過去の同様の労働需給逼迫期に比べる と賃金上昇率は鈍いが、フィリップス曲線が活きていて(第 3 図)、 この先賃金上昇が加速するかもしれない。その場合、Fedは利上げを 加速させなければならない。そうした見方が市場に広まると、株価 が調整したり、長短金利の逆転をみて、企業、投資家は先行きの姿 勢を萎縮させたりするであろう。典型的な景気後退である。公式の雇用統計は無論だが、パウエルFRB議長は期待インフレ率の安定を 重視することをジャクソンホール講演で述べた。その推移を監視す ることが必要だろう。

金融政策の引き締めに 経済は弱くなっていか も知れない。オーバーキ ルのリスクは侮れない。

③ 金融政策の失敗~オーバーキルのリスク

三菱UFJ銀行資料20180914_8

今、Fedは段階的利上げ、告知通りのバランスシートの縮小を通じ て、金融政策の正常化を示している。上述の通り、インフレ率の昂 進を見切れていない場合は重大な失敗だが、これまでの利上げでも 強過ぎて経済成長をとどめてしまうオーバーキルのリスクもある。 自然利子率の計測は不確実性を伴うことが悩ましく断定はできない が、FF金利の上限は 2%でも、もう引き締めの手前まできている(第 4 図)。金利に感応する住宅関連の動きには減速も見えている。今 後の利上げは、オーバーキルのリスクを伴っている。また、ドルの供給は国際的な影響も大きい。Fedは、米国の国内経 済をみて金融政策をとるものであるが、ドル不足が他国で混乱を引 き起こし、それが米国にとっても逆風になることもありえる。

主要国で強い緩和が続 いた。それは、見えない 金融不均衡を膨張させていないのか?

④ 金融不均衡、バブルの破裂

三菱UFJ銀行資料20180914_9

ITバブル破裂前に異常な動きをしていたシラーのPER(株価収益 率)は、歴史的平均からの乖離が行き過ぎて、目安(+1σ)を超え ている(第 5 図)。危機後の主要国一斉の金融緩和は、見えないと ころで金融不均衡を膨張させているかもしれない。実際、ビットコ イン価格はバブルが破裂したといえる値動きを示した。大きな資産 価格の調整があると、金融緩和の余裕の乏しい国にとって事態は深 刻となりえる。問題が起きそうかよりも、今、利用できる政策手段 で、そうして起きる問題を克服できるかを確認しておく必要がある。

長短金利差からみると、 1 年以内に景気後退に陥 る確率は高まっている。 景気後退が何をもたら すかが、見えていない。

⑤ 景気後退

三菱UFJ銀行資料20180914_10

米国景気NBER(全米経済研究所)の認定では、2009 年 6 月が 底で、既に 9 年が経過している。長短金利差から計算される 1 年以 内に景気後退が起きる確率は、着実に上昇している(第 6 図)。ISM 製造業景気指数は 8 月に 61.3 という強い数字であったが、この数字 が 60 超にいる時間は短い。もう時間の経過からみて、いつ景気後退 に陥っても不自然さはない。ここで景気後退が起きると、株価調整、 社債の格付けが引き下げられることによる資金の再調達の困難化な どが危惧される。

米国の双子の赤字が膨 張している。通貨政策で 対応がとられる可能性 はないのか?

⑥ 双子の赤字の膨張

三菱UFJ銀行資料20180914_11

米国で財政収支、経常収支の双子の赤字が膨張すると、ドルが下 がる。GDP比 6%は、その目安である。今年、この数字は 6%に達し ようとしている(第 7 図)。トランプ政権は通商問題に強硬姿勢で 取り組んでいるが、為替をどう位置づけているかは明瞭ではない。 仮に、通貨政策(ドル安)を投入することがあると、事態は一変し てしまう。今は、サプライチェーンの時代であり、世界経済の下降 があれば、その惨禍は結局、米国にも回ってくるかもしれない。

中間選挙後、政治が変わ るかも知れない。それに 市場はどう反応するか に不確実性がある

⑦ 中間選挙、政治の不安定化

11 月 6 日に、中間選挙が迫っている。今、米国政治はホワイトハ ウス、議会の両院を共和党が抑えているが、中間選挙で、ホワイト ハウスは共和党、下院は民主党優位、上院は伯仲の構図が見込まれ ている。その場合、財政運営は不連続となりえるし、物事が決まら ない混迷、トランプ政権への司法捜査の動きの進捗にも関心が持た れている、2016 年 11 月からは、ビジネスフレンドリーな共和党政 権ということで、いわゆるトランプラリーが市場の流れであったが、 この選挙でその流れが逆流する可能性もありえる。

結び

経済はほぼ完全雇用で持続的成長、インフレは抑制されていて理 想的といえる目標の 2%近辺での推移、その中、Fedは段階的利上げ の継続でその状態を維持できるというのが、いわゆるメインシナリ オである。上述は、その逸脱を心配するならば何が引き金かの検討 で、何に目配りすべきかをあげたものであるが、不足の事態が起き たとき、いかに対応すべきかの準備はしておきたいものである。

 

20180917_3

 

 
ドル円は上方向112.28~07にかけて鋼鉄板があり112.43を抜けると結構 跳ねる可能性もありますが跳ねて急落するでしょう ですから112.43から上に行ったら売りで対応するのが良いです。112.53~63あたりで売りを入れるのが良さそうです。下方向は111.75~55に鋼鉄板 その下111.39~110.67にかけて広大な超鋼鉄板が広がります。111.39-10=111.29以下まで下落したら買いポディション持って良さそうです。

ユーロドルは下方向に1.1635~1.1618に鋼鉄板 その下1.1608~1.1586に鉄板。逆に上方向は目立った抵抗がありません 上方向は1.17台で定着(終値)すれば1.18にすぐに挑んでいける環境にあります。

ピボットはドル円で収縮が出ていますから ドル円はそろそろ下落に入る前準備に入ってます。

20180917_2

 

 

最高値 最安値が青のセルで着色されるのが目立ちますが共通しているのが下方向(最安値)が軒並み青いですから売り仕掛けしても下が固くて諦めているということです。最高値で一昨日よりも上値を上げているのはポンド円 NZD円 GBP/USD GBP/AUD GBP/NZDです。昨日はポンドが強かったということです。

本日も確実なのはユーロドル買いですね。1.1660から下は買いで 良いです。

20180917_1

 

日本株強いけど他の株は厳しいから

20180914保有現物株先週の現物株取引は木曜日まで雪印メグミルク と オプトランが主力で稼ぎ 金曜日は前日仕込んだ日本製鋼所で19000円の利益が大きかった。古河機械金属で若干の利益も出ましたが 再度 下落したところで買いました。合計+79,200円 暫く塩漬けで持っているマイナス株も若干ですが値を戻しています。月曜日 米国株が急落しなければ 火曜日は再度 割安株などまだ複数ありますから 目ぼしい株を買って勝負していきます。

日経225先物(CFD)は+83,800円です が逆ポディション(売り方向を2つ今週早々に決済しないといけないので-15万以上になります。)それ程喜ばしい状態ではありません。損切りが遅れたのです。それ程 日経225先物は急騰しています。米国株は天井感があるにもかかわらず 欧州株も中国株も強くなく 日本株だけ今週も買われていくのか実際 怪しいのです。

そしてFX取引は+24,700円でした よって先週の総取引収支は+187,700円になります。

<ラジオ日経 ザ・マネー 9月14日放送>

 

<ラジオ日経 夜トレ! 9月14日放送>

今回の放送でメインの高野さんが卒業することを発表しました・・・最後の言葉が印象的でしたので ここに改めて書きました。

評価損は実現損益と同じ。全ての保有ポディションを今 決済した保有資産が全て。利益をどこまで伸ばせるかは正確に見極められないが損失は自分で決められる。含み損はどこまでも膨らむ可能性があるが実現損はそこで確定しそれ以上は損失しない ディーリングは人生である。必ず上か下か 方向を見極めて損切りポイントを予め設定して勝負していく。

売りと買いで含み損を抱えた時に 怖いのは 圧倒的に売りの含み損です。どこまで上昇するかわからないからです。買いは下抜けても0円が必ず終点ですが 売りが上抜けて放置すると1ドル=200円だって理論上はあり得ますから どこまでも損失が積み重なる可能性があります。特に 今話題のトルコリラ円などでも売りが含み損であるならば できるだけ早く損切りしたほうが良いです。買いで下抜けても今なら最大ドロー1800pipsしかありませんから。ですのでトルコリラ円は今後 17円前半まで下落したら その都度買っていくと良さそうです。

 

<三菱UFJ銀行 来週の為替相場見通し 9月14日掲載>

●ドル円:リスクオン・オフいずれも上昇期待薄の背景
予想レンジ 110.25~112.75円
●ユーロ:下押し材料和らぎ 底堅く推移か
予想レンジ 対ドル 1.1525~1.1825
予想レンジ 対円 128.50~132.50円
人民元:摩擦緩和期待浮上も予断は許さず上値重い
予想レンジ 対ドル 6.7900~6.9000
予想レンジ 対円 16.05~16.50円

リスクオン・オフいずれも上昇期待薄の背景

三菱UFJ銀行資料20180914今週の為替市場では、緊張が和らいだことを受けてドルと円がともに弱含んだ結果、クロス円が堅調に推移した。そのドルと円を比較すると、米国の長期金利が上昇し、株式相場も堅調に推移した為、ドルが円に対してややアウトパフォーム。この為、ドル円も週初110.92 で寄り付いた後、じり高に推移し、一時は 112.08 を回復した。今週の円は、主要通貨の中で最弱の地位に沈んだ(第 1 図)。こうした緊張緩和に寄与したのは、主に欧州の材料だ。イタリアでは財政悪化への懸念が和らぎ、長期金利が低下。また、英国の「無秩序なEUからの離脱リスク」への懸念もいくらか和らいだ。さらに、トルコ中銀も市場予想を上回る利上げ幅により、独立性をアピールした。これらを受けてユーロやポンドに加え、多くの新興国通貨が持ち直した。このほか、米国が中国に対し、閣僚級通商交渉を持ちかけたと報じられたことも、市場の安心感を誘った模様だ。加えて、今週発表された生産者物価指数や消費者物価指数から、総じて米国の物価上昇ペースの鈍化が確認された。この為、利上げペースが引き続き緩やかなものにとどまるとの安心感から、米国の株式相場が堅調に推移。これも市場の緊張緩和の一因になったとみられる。とは言え、ドルは円に次ぐ下位に甘んじている通り、ドルも弱かった。この為、ドル円も 112 円台では続伸を阻まれ、週末 14日の東京時間に 111 円台に押し戻されている(第 2 図)。

来週の見通しドル円、高値模索も次第に失速か
来週は、市場の緊張緩和(リスクオン)が続く限り、ドル円相場 が底堅く推移すると見込まれる。112 円台を回復したとあってまず は 8/1 高値 112.15 を狙うとみられるほか、一部では 7/19 高値 113.18 を目指すとの指摘もきかれる。但し、リスクオンからリスクオフへ と転じる場合はもちろん、リスクオン継続の場合もドル円の続伸は 阻まれ、次第に上値は重くなると考えられる。113 円台まで 1 円を 切ったものの、その回復は困難と予想する。

リスクオフ再燃の 可能性高い
三菱UFJ銀行資料20180914_2
リスクオンの継続性を考える上で、引き続き米国の通商政策の行 方に注目だ。中でも対中制裁関税の発動有無が重要だろう。仮に、 2,000 億ドルの追加関税発動が表明された場合、これまでの例に倣え ばドル高人民元安が進む公算が大きい。それが周辺アジア諸国通貨 や新興国通貨全体の対ドル下落へと波及する可能性が高く、ドルは 堅調に推移しよう。但し、こうした局面では、そのドルを円がいく らかアウトパフォームすることが多い為、ドル円の上昇が阻まれた り、下押し(ドル安円高)圧力が加わると考えられる。 また、こうした場面で米国の株式相場に動揺が広がる可能性にも 要注意だ。米S&P500 株価指数のセクター別騰落率(年初来)を見る と、「一般消費財」が僅差ながら「情報技術」を上回り最上位に位 置する(第 3 図)。より広範な一般消費財も対象となってくる追加 関税を受け、「価格上昇⇒販売減⇒業績の下方修正」が警戒され、 同セクターの株価が下押し圧力を受ける可能性は低くない。もとも と最近のドル高は、金利面での追い風が乏しい代わりに、堅調な株 式相場に支えられてきた面が強い。この為、株式相場が軟化する場 合、対主要通貨でのドル安につながる可能性がありそうだ。特に、 今週みられた米国の物価統計の下ブレは、株式相場が堅調である限 り、「株高(リスクオン)⇒ドル高円安」材料となるが、株式相場 が冴えない動きを見せれば、その限りではない。期待インフレの低 下や利上げ観測の後退を通じ、対円を含むドル安材料ともなり得る からだ。株式相場の動向は、当面のドル相場を展望する上で重要だ。 その追加関税発動の是非は、トランプ大統領の判断次第であり、 市場の見方も分かれる。足もとの急速な支持率の落ち込みに鑑み、 トランプ大統領が発動を思いとどまる可能性もゼロではない(第 4 図)。ただ、トランプ政権の対中圧力強化は、「中間選挙対策」と いった短期的なものではなく、トランプ政権の「政策の中心」に据 えられつつあるように見受けられる。追加関税の適用範囲が狭めら れたり、分割実施や先送りといった多少の譲歩はあるにせよ、基本 的に追加関税発動の可能性が高いとみておくべきだろう。こうした ことが警戒される限り、市場もリスクオンには傾き切れないだろう。

リスクオンでもドル円 の続伸が阻まれるメカ ニズム
三菱UFJ銀行資料20180914_3
BIS(国際決済銀行)の統計によると、ユーロドル相場が為替市場 で最大の出来高を誇る。この為、このユーロドルにおいてドルが上 がるか下がるかは、為替市場全体の中でのドルの方向性に強く影響 する。実際、昨年はECBの金融政策正常化への期待から 4 月下旬以 降、独米金利差の動きに反してユーロドル相場が堅調に推移(第 5 図)。これを受け、同時期に総じてドル安の流れが優勢となった(第 6 図)。その点、来週のユーロドルは、先述したイタリアの長期金 利低下、ECBの正常化路線の堅持、トルコ中銀が示した独立性など を支えに底堅く推移しそうだ。この動きが続く限り、少なくとも主 要通貨内でのドル高の勢いは鈍いものにとどまろう。リスクオンの 雰囲気が継続し、ドル円が底堅く推移する場合も、肝心のドルが強 くない以上、ドル円の上値追いも自ずと失速しよう。

日本に関する今後の 材料とドル円
最後に日本に目を向けると、来週 18~19 日に日銀の金融政策決定 会合を控える。7 月 31 日に金融緩和の枠組み強化を講じてから日も 浅い。現状維持を決める公算が大きく、無風での通過となろう。た だ、14 日に安倍首相が異次元緩和に関し、「ずっとやっていいとは 全く思っていない」と発言している。黒田総裁の記者会見では、こ れに関連する質問が寄せられるとみられ、総裁の回答に注目だ。 次に、20 日に自民党総裁選の投開票を控える。先週、指摘の通り、 市場のコンセンサスは「安倍総裁三選」。但し、これに反する結果 となれば、海外勢の日本株売却に伴う株安と円高が見込まれる。リ スクシナリオではあるが、一定の警戒が必要だろう。 この他、日米貿易協議(FFR、21 日との報道あり)や国連総会出 席に合わせた 25 日前後の日米首脳会談を控える。今のところトラン プ大統領はカナダや中国との交渉を優先するとみられるが、徐々に 対日交渉本格化も迫りつつある。それに伴い、日本に関する高圧的 なコメントがトランプ大統領より発せられる可能性は低くない。総 じてドル円への下押し材料となりかねず、要注意だ。

ユーロ:下押し材料和らぎ、底堅く推移か

ドラギ総裁定例会見 ユーロ圏の経済成長と 物価の見通しに自信を 示す ECB理事会後、ドラギ総裁は定例会見にて、慎重姿勢4を織り交ぜ ながらも、ユーロ圏では裾野の広い景気拡大がみられ、労働市場の 改善と共に世界的なリスクに対応できる十分な強さがあると自信を 示した。また、インフレ見通しを巡る不確実性が後退しているとの 認識も述べている。

来週の見通し ユーロドル相場は底堅 さを維持
5 月以降ユーロ相場を押し下げてきたイタリア財政問題への懸念 が一旦落ち着きを見せている。今週ディマイオ副首相が再び財政拡 張を目指すと一部で報道があった5ものの、先月 31 日にフィッチも 同国格付けをBBBに据え置いた中、イタリア国債利回りの上昇は限 定的となった。ECB理事会においても金融政策の正常化の姿勢は不 変で、ドラギ総裁はユーロ圏の経済見通しに対して総じて自信を示 した。更に 8 月中旬ユーロ急落を招いたトルコリラ安の動きもトル コ中銀の利上げを受けて一服している。この為、来週もユーロドル 相場は総じて底堅く推移しそうだ。

リスク材料 貿易摩擦には一定の注 意が必要か
11 日に発表されたドイツのZEW景況感指数(9 月)は、大きく悪 化した 7 月値から 2 ヶ月連続で回復6している。7 月末に、欧州と米 国の間で、通商協議を巡る進展 7があったことが寄与していると推察 され、貿易摩擦を巡るユーロ圏経済への影響はひとまず限定的とみ て良いだろう。一方で、先月 31 日にトランプ大統領が、EUを「中 国と変わらないくらい悪い」と述べている。貿易摩擦の激化によっ てユーロ圏経済への下押しが連想され、ECBの来年秋以降の金融政 策の正常化が後ずれするとの見方になれば、ユーロ相場は下押しさ れる可能性があり、引き続きトランプ大統領の言動には要注意だ。

今週の経済指標

今週の水曜日 日銀政策会合 の結果がありますから正午頃から黒田総裁の緩和終了の宣言期待の円買い仕掛け(円高方向)が考えられますから 円安が続くのはどんなに続いても火曜日までと思われます。

20180914_3

 

 

ドル円は下方向111.79~63に鉄板 その下 111.79~63にかけても鉄板 111.27~110.78にかけて鋼鉄版 ここが今の背骨です。上方向は112.21~12にかけてが鉄板です。高値の上に既にResist1 2 3しかなくなりました この状態が出ると次から 下落していくか もう一段上げてすぐに下落となるケースが多いです。つまり今のドル円上昇は火曜日ぐらいまでしか持たないと思います。しかしクロス円が支えるケースがあり得ます 今週は対ドルでの各通貨 が大きく左右するでしょう。

ユーロドルは下方向は1.1624~1.1608は鋼鉄版が張っており それほど堅くはないので21日移動平均の1.1608まで簡単に下落します。逆に上方向は1.1690~1.1674までが鉄板があり ユーロが上昇する因子が今週は無いので米ドルが大きく売られない限り上値は限られそうです。

ドル円を含めてクロス円は軒並みピボットが収縮しており各ペア通貨とも動きが出難い状態になってます。

20180914_2

 

 

現状クロス円はアヤフヤながらもユーロ円 ポンド円は上昇トレンド判定で継続しています。それもこれもドル円が堅調で終値で+1σの111.63円を下回らない対米ドルで強い底固いユーロ ポンドは継続していくでしょう。

対米ドルで有望なのはユーロで ユーロドルは21日移動平均の1.1608近くになったら ガンガン買っていって良いです。(ストップは-1σから20pips下の1.1522)

ユーロは対豪ドルのペア通貨 EUR/AUDでも先週木曜日に終了した上昇トレンドが再度 上昇トレンド判定になってます ダブルループという強い上昇状態を意味しますからユーロは買いです。

新興国通貨の南アランド メキシコペソは対米ドルで買いのトレンドが発生しておりますから南アランド円 メキシコペソ円は火曜日までは買い方向が強いと思われます。

20180914_1