カテゴリー別アーカイブ: ラジオ日経

凄い底固い流れだけど

20180616保有株式先週は地獄で御座いました。株は一部のわけの分からない銘柄が突発的に上がるが持っている株は下がる どれが買いで有望な目柄か全く見当つきませんでした。今週はTHKが少し上げたところで 100株増して購入したら急落して今年の最安値を更新して下がる 下がる・・・それ以外売買していない。よって 現物株収支は±0円 日経225先物(くりっく365株)取引は予想外の底固さで売りの吹き上げで損切りが続いて-6400円 FX取引は なんと-62000円でした。よって先週の総収支は初のマイナス -68,400円となりました。

 

<三菱UFJ銀行 今週の相場見通し>
●ドル円:上値を抑える3つの要因
予想レンジ 109.25~112.00円
●ユーロ:6月ECB理事会はハト派色の強いサプライズ
予想レンジ 対ドル 1.1400~1.1700
予想レンジ 対円 126.00~129.50円
●人民元:米中通商摩擦の新たな展開に注目
予想レンジ 対ドル 6.3900~6.4450
予想レンジ 対円 17.00~17.50円

三菱UFJ銀行資料20180616_1

米国債短期2年もの金利の急騰と10年もの金利差が接近している。以下(三菱UFJ銀行 資料本文一部抜粋)

中間選挙の接近に伴い、トランプ政権が保護主義への取り組みや対外的な圧力強化に本腰を入れ始める公算が大きい。これは、米国がドル安志向を強めるとの市場の見方を刺激する上、先行きへの不透明感やリスク回避色を高める結果、円高圧力ともなりやすい。

三菱UFJ銀行資料20180616_2

来週の見通し ユーロ相場は軟調推移も、下値は限定的か

<Stock Voice 6月15日放送>

ユーロドルの流れで買い戻し優勢と見ているようですが 1.1510を割り込むと下押し圧力が凄く強いものになると見ているようです。

<Stock Voice 6月15日放送>

今年のドル円の上値を111円50銭程度 下値を105円近辺と見ているようです。ユーロ円は買い優勢と見てますね。

今週の経済指標は21日の木曜日
7:45  NZD 1-3月期GDP
20:00   BOE 政策金利 議事録

昨日の主な世界株式市況

各国株式市況

当日終値

終値変化

日経平均価格

22851.75

+0.50%

上海総合指数

3022.92

▼0.70%

ドイツDAX指数

13010.55

▼0.74%

FTSE100指数

7633.91

▼1.70%

NYダウ価格

25090.48

▼0.34%

NADDAQ指数

7746.37

▼0.19%

S&P500指数

2779.66

▼0.10%

米国債10年金利

2.9522%

原油価格

$64.38

▼3.75%

金価格

$1282.00

▼2.01%

 

20180615_3

 

 

ドル円は下方向2枚の鉄板はあって 一枚目は110.20~110.05円にかけて 二枚目は109.89~109.75にかけての鋼鉄板です。この鋼鉄板には21日移動平均109.89 一目均衡表の基準値109.75を含みますから硬いです。

ユーロドルは上下 目だった支持 抵抗の集中はありませんので このまま1.1510どころか金曜日の安値1.1543に近づいた段階で売り仕掛け覚悟するしかないですね。

対米ドルでのドルストレートペア通貨は上方向に鉄板が鋼鉄板ができあがっており豪ドル円 NZD円は上がり難い もしくはドル円の下落にあわせて売り一辺倒の動きになりそうです。

20180615_2

 

 

ドル円の動きがはっきししなければGBP/USD AUD/USD NZD/USDともに上方向に21日移動平均と一目均衡表の基準値を含んだ鋼鉄板がありますし米ドルが弱まることは考え難いので指値売り仕掛けでセットしておくのが良いと思います。

GBP/USDは+1σ 1.3419周辺で売り (これは仕掛けず 寧ろ金曜日の安値1.3211周辺で買いが良いです)
AUD/USDは21日移動平均 1.3419周辺で売り
NZD/USDは21日移動平均 0.6975周辺で売り

先週金曜日から豪ドル円が下落トレンド1日目 ユーロ円 ポンド円は潜在上昇トレンド AUD/USD NZD/USDが下落トレンド1日目 ドル円は弱い上昇トレンド2日目です。

GBP/AUDが上昇トレンドの前段階になってますから今週はポンドが強く豪ドルは弱そうです。

ドル円はまったく分かりません がドル円が相変わらず110円台を維持しているならば 今週は木曜日のBOE目当てでポンド円買いがオススメかと思います。

ポンド円は現状 ボリンジャーバンドの21日移動平均146.78円を若干 上に抜けた位置にあって+1σの148.17円を目指すものと見られます。金曜日の高値147.07円から148.17円までにピボットのレジストがすべて凝縮して詰まっており 下方向も-1σの145.40までサポートがすべて凝縮されてます。つまり 値動きが収縮しています。これまでの動きから反転する兆候がありますからポンド円は上昇の有望株です。またピボットの凝縮ではユーロ円がもっとも激しく こちらのほうが寧ろ上昇した場合 激しく上方向に伸びていきそうです。

まとめると AUD/USD NZD/USD 売り クロス円はユーロ円 ポンド円買い が良さそうだということになります。

20180615_1

 

大相場の可能性あり

大相場の可能性あり という可能性強い

本日 深夜のFOMCで利上げが発表されるでしょうが・・・ドル買いが続く可能性は全く読めませんが ここ数日の動きを見ても大きく上げなくとも下落する場面が少なく すぐ回復することから FOMC発表後も109円代後半から下げなければ買いで入ったほうが良いです。

もし為替・株を動かす大口の投資家が北朝鮮が本気でこれまでの共産主義を捨てて民主化していくということを信じている もしくは民主化することに賭けた場合 一気にドル円をはじめクロス円は大きく上げていくことになる。

それに備える必要性が出てきました。ドル円が110円台にあるならば 今のうちに買いポディションを持っておくべきです。

トランプが金成恩に丸め込まれた と見るのは間違えで 米朝会談が一度破談した時に 韓国を「無思慮・無能の集団」と罵倒したり シンガポールに行く為に 屈辱でも中国に頭を下げて航空機とパイロットを用意してもらい精一杯の見栄でもトランプを五分に会談した そして自身の独裁体制の保障は取り付けた。

本日 安倍総理も北朝鮮との会談を申し出たようですし菅官房長官も北朝鮮は新しい道を歩み始めた と表現していますから とりあえず核兵器は完全には捨てないかもしれないけど資本主義と民主化へと改革していくのは間違えないのでしょう。

とにかく 北朝鮮の親米路線は 今は 本物と見るしかないです。

 

<ラジオ日経 トレードパーティー6月13日放送>

 

20180612_3

 

 

ドル円は109.89-70にかけて21日移動平均 一目均衡表の基準値を含む超鋼鉄板があり ここが上昇の基点です。+2σが111.25円

クロス円では下方向が硬いのは 豪ドル円 NZD円で
豪ドル円は83.40-18にかけての鋼鉄板 その下の82.82-72に鉄板があります。

NZD円は下方向77.21~77.07円にかけて鋼鉄板がある。

ユーロ円は21日移動平均が128.90円にあってここが基点で下抜けても128.00円に一目均衡表の基準値があります。一方で上方向に壁が2段で敷かれており上げ難いものの 明日 ECBがあることの期待買いもありますので上方向に突破する可能性は大いにある。

20180612_2

 

 

 

今は 109円後半を下回らない限り ドル円買いで111円40銭突破を目指すのが一番良いかもしれない。

ユーロドルは本日のFOMCで急落するかもしれませんが 明日ECBがありますから明日は買いで入って良いと思います。

とにかくクロス円は下落したら拾って買う で良いと思います。

また ポンド円買いで勝負に出ても良さそうです。

20180612_1